• nanaflor

女性ホルモンの周期とダイエット

Updated: Dec 4, 2019





八ヶ岳の麓、香りと手当ての小さなサロンnanaflor ナナフロールです。



やっと梅雨明けしましたね!


八ヶ岳では、急に暑さが増して、連日夕方にはゴロゴロ雷、ザーッと雨。そんなお天気が続いています。夕立までもが、”夏だ、夏だ!!”っと知らせに来てくれてる様にも思えます。



友人がしばらく前からダイエットを始め、なんと約1年で14kgも!体重を減らしました。ほぼ半年で12、3kg落としています。凄い成果に驚きました。


そのあいだ度々会っていて、ダイエットしてるとは聞いてたものの、その苦労話などは一切なかったのです。また、彼女の仕事柄、体力つけておかないといけないので、食べることも必要で。



どうやったの?と、ダイエット方法を聞いてみました。



まず、間食をやめる。


同時に、毎日、朝と夜に体重計に乗って、体重を記録。




この体重記録を続けていくうちに、

  • 食べても体重があまり変わらない時期

  • 食べるとそのまま体重に影響してしまう時期

がある事に気づいたそうで。



そのタイミングに合わせて、こんな風に食事をコントロール。


  • 食べても体重に影響しない時期は、普段どおりに食べる。

  • 食べると増えやすい時期は、朝昼はいつも通り食べ、夜は炭水化物を抜いたり 軽い食事で済ます。


そして毎日の体重を確認しながら、適当に微調整。



...それって女性ホルモンの周期を味方につけたダイエット法だ!



「月経を挟んで、増える時期、そうでない時期、ってなったでしょ?」


「そうそう! そして体重変化でそろそろ月経来るな、って感じが分かってね。」



・・・納得!




女性ホルモンの波を味方につけることが成功の鍵。



月経が終わって約10日くらいはエストロゲンが優位。この時期はいわゆる“引き締め”のタイミング。経血を外に出すために緩んでいた骨盤が、キュッと閉まる方向に向かう時です。この時は食べてもあまり体重に響かない。アクティブに動ける時期でもあるから、身体を動かしてもスムーズに動けるし代謝も良く、いい汗がかける。


そして迎える排卵。


この排卵のタイミングを境に、今度はプロゲステロンが優位になる時期が約12日。次の月経に向かって骨盤が徐々に開き始め、 人によってはPMSを感じやすくなる。体重が増えがち、むくみも感じやすい時期になる。



この波に体重記録していく中で気がつき、自分の身体を味方に付けられた事。それが大きな成功につながったんだと思います。そして何より、彼女のアンテナが素晴らしい!




女性ホルモンの周期を知ること。それはセルフケアにも役立ちます。肌のお手入れ、ストレスケア、PMSの緩和など、良いことが沢山! そのあたりも少しずつ書いていこうと思います。




0 views
  • Black Instagram Icon