• nanaflor

キリ温灸-施術はどんなふう?

Updated: Dec 4, 2019



キリ温灸トリートメント / nanaflor

八ヶ岳の麓、香りと手当ての小さなサロンnanaflor ナナフロールです。


「アロマトリートメントも魅力的だけど、キリがどんなものかと興味があります。

 キリの施術はどんな感じ? アロマトリートメントの施術に似てますか?」 



キリの施術についてお客様よりお問い合わせを頂きました。有難うございます。


”ハーブボールを使った温灸トリートメント”とご紹介しているので、もしかしたら、お灸を置く、というイメージで受け止めてくださっている方もいらっしゃるのかも。ご質問を頂きそんな風にも感じたので、アロマトリートメントとの違いに触れながら、キリの施術についてご紹介しますね。



キリ温灸トリートメントの特徴、そしてアロマトリートメントとの違いは、

  • 「熱」があること。

  • 「キリ(ハーブボール)」で身体に触れていくこと。


これが大きなポイントになります。


キリは、熱く温めたハーブボールを使って、熱とハーブのエッセンスを身体の内側に届けていくトリートメント法。熱とハーブの相乗効果で筋肉の強張りを緩め、体液循環を高めて老廃物のデトックスを促していきます。慢性的な冷えを抱えている場合にも有用です。特に女性にとっては冷えが原因で産婦人科系の不調を生じることもあるので、骨盤周辺に熱を届けて温める。そんなことも施術の中で意識しています。熱の持つ力強さを感じる施術でもあり、アロマトリートメントに比べてしっかりとした体感があります。


施術は専用のオイルを塗布し、お身体に沿ってキリをスライドさせたり、圧をかけたり、置いたりと、バリエーションのある触れ方を織り交ぜながら進めていきます。アロマトリートメントでは手を使いますが、手の代わりにキリを使う、というと施術のイメージが伝わりやすいでしょうか。キリの熱を効率よく身体に届けるために、経絡の流れや筋肉を意識しながら触れていきます。


キリの体感は、アロマトリートメントとはまた異なるものですが、キリ、アロマ共に、それぞれの良さと味わいがあります。そこはお好みが分かれるところかもしれませんが、私自身はどちらの体感も甲乙つけがたく、大好き。なので両方をオススメしたいのが率直なところ(笑)。



選び方として、例えば、


- 冷えや身体のこわばりが大きいとき、熱のパワーが必要なときは、キリを。

- 身体の疲れ以上に気持ちの疲れを大きく感じるとき、手のタッチングと精油に包まれたいときは、アロマを。



こんな風に使い分けられるのも一案です。



アロマトリートメントにおいても、筋肉や筋膜を緩めていくので、身体の強張りや滞りにもアプローチしていきます。オールハンドのトリートメントだから味わえる”手”の包容力。そして何よりも精油の繊細な香り。それが大好き!という方も、きっと多いと思います。


キリのお試し30分のコースを用意していますので、いつものアロマトリートメントにこのお試しコースをプラスされるのも良いと思います。アロマトリートメントと組合せることで、両者の良いところを体感できるチョイスです。



だけどやっぱり、キリに興味があってちゃんと体感してみたい。


そんな方には、60分コース(全身)をオススメしています。30分のお試しコースがあるといっても、部分のケア。やはり十分にキリを体感していただくには、全身のコースを受けて頂くのが一番だなと、とこれまでの施術をとおして感じています。



その時の気分。

身体の様子。

季節で使い分けてみる。


そんな風に、キリとアロマのトリートメントを使い分けてくださっても。



迷われているときは、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。





このところ八ヶ岳は、朝夕の空気がだいぶ冷んやりしてきて、季節が変わろうとしているのを肌で感じます。夏から、秋へ。

今のタイミングで、夏の間に溜め込んだ疲れを一度リセットしておくと、スムーズに身体も秋に向かうことができます。


夏の間、暑さしのぎでシャワーだけで過ごしていませんか?

冷えたものを沢山飲んでいませんか?

冷房の効いた部屋にずっと居ませんか?



身体の芯が、予想以上に冷えているかもしれませんよ。そんな時に、キリ、オススメです。





0 views
  • Black Instagram Icon